SANS-SOUCI

人形・映画・小説。なんでもありの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

曼珠沙華3

「お前は、とらだ!」
「だれだ、おめえ」
まっすぐに問われて、潮は目を見開いた。外見はとらのままなのに、まるで違う妖怪がしゃべっているようだ。
(とらに化けている別の妖怪か?)
「ち、まあいい。とりあえずお前は、わしのえさだからな」
『おい、何勝手に決めてんだよ。その人間はオレの飯だ』
黒い影が口を挟むと、金色の妖怪は歯を剥いて笑った。
「さっきからうるせぇな、三下が。欲しけりゃとってみろってんだよ」
言うなり金色の妖怪は黒い影に飛び掛る。
鋭い爪と牙で影を捉えようとするも、寸前で交わされ、向かいの枝に取り付いた。影は潮のほうへ向かって飛び掛ってくる。
『食ってやるぜぇ、にんげんよぉお!』
潮はすばやく印を結ぶ。それを向けるより先に影の牙が目前だった。
(食われる)
腕の一本、とも思ったがとっさに目をつぶってしまう。すぐに来る痛みを予想していた。
「!?」
ぎぎ、と影の全身に金糸が絡み付いていた。
束になり、影の四肢や頭をがんじがらめにしていたため、牙は潮の腕数センチのところでとどまっていた。
「まったくよぉ…おいこらガキィ!おとなしくくわれるっつうのは、わしの場合だけにしておけ!そこ、どけ!」
金糸は金色の妖怪から伸びたものだった。
枝に取り付いた先から鬣を伸ばし、影をさえぎったのである。
あわてて潮は後ずさる。そして先ほど結びかけた印を再度結んだ。
「臨!」
「馬鹿やろう、余計なことすんな!」
あわてたように金色の妖怪が声を上げる。わずかに締め付けが緩んだのだろう、影の爪と牙がぶちぶちと金糸を引きちぎる音がした。
『にんげん…』
「あ、くそ!こら!」
『食べるのはおれだぁああぁ!』
金糸がすべて引きちぎられるのと、金色の妖怪が飛び掛り、影の喉笛を食いちぎるのがほぼ同時だったように潮は見えた。
「ぺっ!まっずいもんくっちまったぜ」
影はあっけなく首と胴体が離れ、動きが停止した。
よく見ると影だと思っていたのは2メートル以上ある大きなサルのようなもので、全身にふっさりと長く黒い毛で覆われていたようだった。
「猩猩ってやつだ」
「しょうじょう…?」
「海の向こうにゃたくさんいるらしいぞ。野猿のでけえやつだ…積荷かなんかでまぎれてきたんだろ」
まずい、といいながらも金色の妖怪は、猩猩の肉を食べていた。
潮は目を背ける。とらは妖怪の肉を食べたりはしていなかった。
(偽者かよ…)
ぎゅ、と杖を握りなおす。
とらでなければ、この妖怪も退治する対象になるかもしれない。
「あー…ちっとは動けるようになったかな。妖気がたりんと、雷も呼べねえや」
こきこきと肩をならし、金色の妖怪はぼやいた。潮は目を見開く。
「雷…呼べるのか」
「おう。雷だけじゃねえや、火も吐けるし、空も飛ぶ。ただ、妖気が足りねえ…その…、おめえうまそうなにおいがするな」
ふん、と鼻を動かし、金色の妖怪が近づいてきた。
確かに先ほどより、体の動きやはり具合が違う。猩猩の肉や妖気をすったせいなのか。
潮の周りをぐるりと回り、不可解な顔をした。
「おい、人間。何でおめえから、わしのにおいがする」
「…は?」
「わしのにおいだ。ガキ、おめえとは前にあったことがあるか」
じっと見つめる姿に、潮は泣きそうに顔をゆがめた。
「ああ…」
「ふん?じゃあ、話ははええや。お前を食う。そしたらわしの妖気は戻ってくるわけだ。よし、いただきまー」
ごいん!
潮は握っていた杖で、金色の妖怪の鼻さきをたたいた。
「いっ……てぇえ!?なにすんだこのくそちび人間!」
「うるせえ、馬鹿妖怪!」
「言ったな、くそうしお!」
「は……」
呼ばれて潮は目を見開く。
金色の妖怪はさらに不可解な顔をした。なぜ自分がその名前を読んだのか、とっさのことすぎて分からないというように。
潮は顔をぐしゃぐしゃにした。
「…ら、だ」
「あぁん?」
「おまえはとらだ!」


小一時間後。
心配になって探しに来たかがりと雷信がみたのは泣き笑いの顔で金色の妖怪にしがみついている潮と、抱きつかれて迷惑がっている妖怪の姿だった。
スポンサーサイト
別窓 | うしとら | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| SANS-SOUCI | はおわぁ!!>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2011-12-07 Wed 05:36 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-24 Thu 06:03 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| SANS-SOUCI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。