SANS-SOUCI

人形・映画・小説。なんでもありの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

アーサー

『夜になっても、アーサー王』っつーのを、『真夜中の弥次さん喜多さん』でやっていましたが、それじゃなくて、ジェリー・ブラッカイマー製作の『キング・アーサー』のDVDをようやく見ました。


『パイレーツ・オブ・カリビアン』のイメージがあったので、もうちょっと明るい作風かと思ったら、ひたすら暗かったです。
確かに歴史を研究して、忠実に作ろうという意気込みは伝わってくるのですが、なんだかねー。


バックが黒いからかもしれないけど、暗くてひたすら人が死にまくるイメージしかありません。
しかも、わりと「あ、この人かっこいい~」と思った人が死にました。


相変わらず男が多くて、女の子は『パイレーツ~』にも出ていた、キーラ・ナイトレイが演じるグウィネヴィアのみ。この役だって、刺青してポスターのような綺麗なイメージは・・・あんまり・・・。
唯一『きゃ♪』と思ったのは。アーサーの声が『パリの恋人』という韓国ドラマの吹き替えをやった人で、かっこよかったくらいです、か・・・・。

この映画自体は、あんまり好きじゃなかったなぁ。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<確定申告! | SANS-SOUCI | 弥次喜多>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| SANS-SOUCI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。