SANS-SOUCI

人形・映画・小説。なんでもありの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

文章の練習で銀新

今度知り合いに、書いた文章を読んでもらうことになりました。
以前のものなので、ちょっと手直しくらい入れて後はそのままのつもりですが、そういう話になったとき『ああ、そういえば最近書いてないなぁ』と思いまして。
一時期は狂ったように書き散らしていたのに、そういうことも無くなって、だから毎日つまんないのかなぁと思い返しました。
で久々に書いてみようと思いました。


銀新でGO。


*********************

銀さんが変だ。


昨日は飲み倒して二日酔いだって言ってたけど、起こしたらちゃんと起きたし(ひどい時は起きない。だから放置だ)、ご飯もきちんと食べた(食べなければ食費が浮くからこれも放置だ)。

しかもご飯中に一度も『糖分が足りない!』と叫ばなかった。
ご飯と納豆と味噌汁だけだったのに。


どういうことだろう。


「新八は心配しすぎネ。あんまり考えると目が悪くなるヨ」
「視力、関係ないから」
酢昆布をかじりながら神楽ちゃんは飄々と言った。
彼女は肩をすくめ、重ねて心配ないヨ、といって立ち上がる。
「どうせどッかのおねぇちゃんに振られたに決まってるアル」
定春、散歩に行くヨ~と鼻歌交じりに愛犬を呼ぶとそのまま出て行ってしまった。
僕はソファの上で膝を見つめる。
どこかのおねぇちゃんに、というのはありえない話でもない。銀さんだって大人だし(大人に見えないけど)、あんまりしつこく聞くのもはばかられる気がする。


でも気になる。
掃除行く振りして様子を見てこようか。

こっそり箒を握り締めるといつも銀さんが座っている机の前まで歩いてくる。

「銀さ~ん、いいですか~?掃除したいんですけ」
「ぐあ!・・・ななななんだ新八」
あ。今なんか隠した。

「掃除しに来たんですけど・・・銀さん何隠してるんですか」
「かかか隠してなんかいねーよ。ここはいいからあっちやれば」
「もう終わっちゃったんですよ。つーか、隠してんの分かってるから出せコラ」
前かがみなんだもん、ばれてるっつーの。
それでも見せないので、ずかずか近づいて無理やり引っぺがした。
「あ、馬鹿・・・っ」
「ケーキだぁ!?この糖尿病三歩手前でとどまってるぎりぎり血糖値高めの後三歩で完全糖尿病患者が!」
「糖尿病連呼すんなぁああ!」

銀さんが隠したのはショートケーキ。上に真っ赤な苺が乗っていて、生クリームがたっぷりデコレーションされてる。

「これ作ったんですか」
台所は荒らされてなかったはず。ということは買ってきたんだろう。
昨日は珍しく万事屋で報酬が出た。簡単な荷物の積み込みだったんだけど、神楽ちゃんも定春もいるし、珍しく皆真面目にやりこなし早めに終わったので給金が上乗せされた。
それを三等分して懐があったかかったんだ。

だから銀さんも酔っ払うほど酒を飲めたし、僕は姉上に喜んでもらえたし、神楽ちゃんは酢昆布を買いだめできた。

その報酬の一部をショートケーキに使ったというわけか。
宵越しの金は持たない主義の銀さんはほとんどを飲み代に使ったようで、かって来たショートケーキも6分の1サイズ。

それを一人で食べようとしたから妙に静かだったし、お昼のときに『糖分が無い』と騒がなかったわけだ。
神楽ちゃんの言うとおり、何も心配すること無かった。


心配していた分反動ですごくむかついてきた。
本当ならケーキをたたきつけたいところだけど、もったいないからそれは止めて。
「皆で食べましょう」
「あ、え。・・・ちょっと待って。それ銀さんが買ってきたんだよね!銀さんのお金だよね!」
「知りません、そんなこと。知ったことか」
「わ、今吐き捨てるように言ったよこの子!」

ショートケーキの載った皿を回収しようとしたらひじの辺りをつかまれた。体がぶれて皿を取り落としそうになる。

「ぅわ・・!んぐ!」
「はい、これで新八も共犯と」
 
口の中にショートケーキの苺をねじ込まれた。
思わず歯を立てたので果汁が滴る。恨めしげに銀さんをにらむとにやりと笑われた。
「神楽に食わせてもいいけど、苺がないって大騒ぎするだろうな」
「・・・」
「だったら今のうちに始末したほうがいいじゃね?」
「・・・・・」
早く食わせろといわんばかりに手を伸ばされる。この人、手づかみで食べる気だ。
いやいやながら皿を差し出すと、がつっと握ってケーキを横取りされた。そのまま満足げに噛み付いている。
僕はため息をつきながら、皿だけを回収し、
「早くしちゃってくださいね。もうすぐ神楽ちゃん帰ってきますよ」
「新八」
「なんですか」
「ゴチソウさん」
何?と思った途端に唇にクリームを塗りつけられ、食べられた。
・・・食べられた。



「ただいまヨ~」
「何するんじゃこのセクハラ上司がぁあああ!」


神楽ちゃんが帰ってきた、ちょうどのタイミングで、僕は銀さんを殴り倒した。


******************************

強制終了。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<お休み最終日 | SANS-SOUCI | お出かけ、あーんどニューヅラッ!>>

この記事のコメント

前かがみイぃい??!! ドキューンね(笑)
期待させ一度落とし最後にドッキン??!!
やるなぁ!このやろー!! 
銀時メガネ萌えぇえ!!(うるさいよ)
いたたたた!! なんか胸がいたいよ!!
2006-08-16 Wed 19:40 | URL | 弁天 #-[ 内容変更]
楽しんでいただければ幸いです~。
読んでくれてありがとうございます。
銀時メガネ萌え・・・・ああ、3Zの銀八先生いいよね。
土銀は3Zで書いてもいいですか??
(書く気満々だよ)

胸が痛いですか!?人一人包みこめるくらいの絆創膏必要ですか!?
2006-08-16 Wed 20:46 | URL | 天藍 #-[ 内容変更]
ペロペロキャンディ土銀!!(;´Д`)ハァハァ(笑)
そう、DVDの郵送今日出来んかった。。スマヌ!!
送ったらメール入れるね!!
2006-08-16 Wed 22:22 | URL | 弁天 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| SANS-SOUCI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。