SANS-SOUCI

人形・映画・小説。なんでもありの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

仕事は恋人?

今日は、別の派遣会社へ登録しに東京へ行ってきました。
丸の内なんてしゃれたところを歩くのは久しぶりで、挙動不審になってしまいます。
そのあと徒歩で有楽町へいき、また帰って来て最寄り駅近くを宝くじを求めてさまようなどとしていたので、足がくたびれました。



さて、そんなことをしている私ですが、先日前の職場の方からメールが来ました。
まだ職が決まっていないので、泣き言を言ったら『仕事は出会いと同じなので気長に』といわれ、なるほどと思いました。


出会い・・・恋人と同じですか・・・と思ったことから今日のお題です。
『仕事を恋人にたとえたらどうなるか』。


最初の恋人(仕事)は、高嶺の花かと思ったのですが、意外とあっさりおっけーをもらい、わりと気も合うし、融通も聞くし長続きしました。
唯一の難点は、家が遠いことくらいです。

それでも4年9ヶ月続きました。
だらだら続いていたので『そろそろどうしようかな~』と思っていた頃にあっちから、別れを切り出したのでしおらしい顔をして頷きました。



二番目の恋人はもっと身近に、家も近い人を、と思って選びました。
でも外面がいいだけの恋人でした。
時間にルーズだし、約束とは大違いだし、小うるさいので私がぶっちぎれて一ヶ月も持ちませんでした。
ふってやりました。
今も時々、恋人募集をかけているようです。


三番目の恋人はこの中で一番よかったです。
身近で家も近いし、何より楽だったので。
時間もきちんとしているし、優しいし・・・・ちょっとなんをいえばお金に厳しいところでしょうか。それも気になりません。
人からの紹介だったのですが、うまくいっていたと思います。
でも親が厳しいようで3ヶ月の約束で分かれました。
未だに恋しいです。


そして今は新しい恋人を探してあちこち合コンを繰り返している状態でしょうか。
仕事無いかな~って言うのはちょっと寂しいけど、恋人いないかな~って考えるとちょっとましな気がします。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クロノス

今日は池袋で演劇集団キャラメルボックスの『クロノス』を見てきました。

とってもとっても面白かったのですが、順番に書いていこうと思います。
まずは、これを見る前にいろいろこなしておかないといけないことが一杯でした。


キンカ堂で、ドルフィー天藍の振袖用の生地、買えれば紅い襦袢の生地と別珍の生地が欲しかったのです。
振袖はお正月用ですが、襦袢は正月のみならず、普通の撮影にも使えるなぁ、遊女ふうにしてえろく・・・でへへへ、と考えていたのです。
別珍は、クリスマスの服もつくろうかなと思ってのことでした。


実際言ってみるといっぱいの生地でどこに何があるのかわからず、店員さんに聞くのも恥ずかしくてようやく振袖用の生地を買って終わりにしました。
しかも生地を置いてあるのが2フロア分あって。1フロアだけ見て決めたのですが、もう1フロアにも安くて振袖に使えそうな生地が一杯置いてありました・・・・ざんねんっ。
メートル810円って高い??


襦袢は・・・なんていうんだろう、サテン生地みたいなのに柄が透かしみたいに入った生地が欲しくて。でも見当たりませんでした。
顔なじみの手芸店に行ってみようと思います。


次に行ったのが、ボークスのショールーム。
正月にあわせてメイクも一新したいところなので、メイクオフのための道具を買いに行ったのです。
相変わらず展示してあるお人形は綺麗で惚れ惚れします。
展示してある中には、お客さんがメイクしたり服を作ったドルフィーもいて思わず見とれました。


服やくつもならんでいたのですが、今回はひたすら我慢の子。
こっそり用材だけ買って帰りました。
とほ~。


それでそれで。舞台の開演が二時となっていたので、二時までにたどり着けばいいだろうと思っていたのです。


前説を忘れていました。


すみません加藤さん。
注意事項や発売物の説明の『前説』というのがあって、これが毎回面白く楽しみにしていたのですが、今回は事前にやることに頭がいっぱいで前説のことを忘れていました!
思い出してようやくたどり着いたら、途中になっていました。
私のバカ・・・。



そして、今日の一番の目的!
舞台『クロノス』です。

これは『クロノス・ジョウンターの伝説』という小説を舞台にしたもので、原作は3つの中篇からなっています。今日は1つ目でしたが、2,3番目の中篇も舞台化予定のようなので楽しみです。個人的には3番目が一番好きです。


ええと、クロノス・ジョウンターというのが一種のタイムマシンのような機械なんですね。でもよくある乗り物ふうなのではなくて機械。
時間をぎゅっと凝縮し、過去の一瞬に噴出するものです。
将来的には人間も送ろうと考えているのですが、現時点ではまだペンとかいすくらいしか送ったことは無い、という機械。

その開発課にいた主人公の好きな人がある日、事故に巻き込まれて死んでしまうのです。主人公はクロノス・ジョウンターを使い、好きな人を助けようとするというのが、あらすじ。


でもなかなかうまくいかないのです。
第一に機械は実験段階で、人が使ったことはありません。だからどうなるかわからないのです。・・・結果的には成功しましたが。
でもその分の体の負担は大きいみたいです。気を失う、内臓が弱る、皮膚感覚が暫くしびれたようになる。

第二に未来から来た、今からここで事故が起こる、といっても信じてもらえないこと。
まァ普通にそういう人がいたら、『・・・頭弱ってる?』と心配されてしまうところですよ。
そのもどかしさが、お話しの肝でありいいところなんでしょう。
これからどうなる!という緊張感がたまりません。

第三に過去へいったら、その二乗くらいの年月、未来に飛ばされてしまうのです。これが普通のタイムトラベルの話と一番違うところかも。

たとえ10分もどっていたとしても帰ってきたら7ヶ月とか、1年とか過ぎているのです。最終的に主人公は西暦6026年に飛ばされてしまうことになります。
そのことは人類どころか地球もどうなっているか怪しいくらいです。
普通はこれでしり込みします。
好きな人を助けても自分が人類もいないような年代に飛ばされるのは怖いです。でも主人公はやってしまうのですね。

助けられなかったと後悔して生きるより、西暦6026年に飛ばされるなり死んでしまうかもしれないけれど助けられたという一瞬の満足のためにいったのでしょう。


原作は中篇なので、人物設定などは簡単に記されていましたが、舞台は2時間あるものなので膨らんで人物の背景やオリジナルの人物などが増えていました。
それに、2,3番目の中篇のための伏線も結構ありましたね。よんでからいったから分かるけど、読んで無い人はけっこう気合を入れないと忘れちゃうかも。
あのお医者さんの名前とか、パーソナル・ボグとか。伏線とは違うかもしれないけど、2,3番目からは『身寄りの無い人しか過去に飛んではいけない』ってなっているんですよ。
これは今回の舞台で主人公の家族がひどく悲しんだというお話しが付けられたので(原作では家族については触れてないと思います)その決まりごとにも納得がいきます。


全体的には、原作の雰囲気を壊してなくてとっても素敵に上がっていたと思います。クロノスはてっきり乗り物っぽいのかと思ったら、意外とレトロ感あふれる機械の概観で面白かったです。

途中すごく笑ったのが、主人公学生時代の話のとき、男性出演者が学ランの衣装を着てきたのです。総勢6人くらいですか。

年のころは20代から40代・・・・。


『そうね。見ようと思えば見えるわよね、
18歳!』



・・・・みえま、し、た。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

年末ジャンボー。

宝くじを買って来いと、母から指令が下りました。

「一人一万ね。だから三万分の宝くじ!」
「ちょっと待って。
私も、一万出すの?

「当たり前じゃない、協力しなさいよ」

今までつかいっぱしりは何度もありましたが、今回協力を強要されたのは初めてです。

しかも金が無いときに。


母は何か取り付かれたような(もしくは必死すぎな)感じです。
何があったんでしょうか。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

悩み

金が無い、仕事が無い。


仕事が無いから金が無い。というわけですけど。
これから年末にかけて、ドールズパーティとか、コミケとかあるのに金が無いなんて、楽しみも半減です。

手っ取り早く、グッドウィルとかで探すべきですかね。


それからドルフィー天藍の服も作ってあげたいのに進みません。
クリスマスとお正月の晴れ着ですね。
それにあわせてメイクも変えたいなぁ・・・。

メイクを落とすのは、アクリル絵の具なので画材の薄め液とかのがいいのかなぁ・・・。それともミスターカラーの薄め液や、ボークスのメイク用材を買ってくるべきだろうか。
今週末に池袋に行くので、その時に買ってきちゃいたいのですよ。
その時に、洋服の生地も買い込む予定。
キンカ堂という大きな手芸店にいくのです。

うはぁ、楽しみ。

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クリースマース。

テンプレートを久々に変えました。
クリスマス仕様です。


クリスマスっていいですよねー。
デパートとかいくとディスプレイは凝ってるし、
なんとなく空気も華やかで。


いちゃついてるカップルが、むかつきますけどね。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ナルニア国物語

ナルニア国物語のオフィシャルサイトを見てきました。
映画館で予告もかかってて、見たことはあるんですけど、やっぱりいいなぁ・・・。


原作は『ライオンと魔女』しか読んでないのですが・・・『ロード~』も原作を読む前に映画で見てしまって、でも分かったから読まなくてもいいかなぁなんて思ったり。
でも『ハリーポッター』は原作を読んでおかねば!という強迫観念みたいなのがあったり。もうすぐ公開(先行公開はすんでますね)なのに、無理そうです。


さて『ナルニア国物語』。
かくれんぼしていて洋服ダンスに隠れたら、その洋服ダンスのおくがナルニア国という剣と魔法の国につながっていたのですね。
なんて素敵。
馬鹿な小学生だった私は、早速うちの洋服ダンスの奥を探ってみましたが、壁に指がぶつかるだけでした。



ちッ。使えねぇ。


ナルニア国は100年もの間白い魔女によって冷たい冬に閉ざされているのです。もともと別のいい王様が治めていたのですが、白い魔女の勢力がじわじわと広がり、今ではほとんど白い魔女に治められてしまっている状態。

そしてライオンのアスランをリーダーとする抵抗勢力に4人兄弟が参加するのですね。
うろ覚えだけど、一巻目はこんな感じだったはず。


そして映画のアスランの声を吹き替えする俳優さんが降板したらしく、
候補者に『ロード』にでていたボロミアこと、ショーン・ビーンも上がっているらしいと聞いて一人浮かれています。
うあ~、あの声が映画館で聞けたらいいなぁ。


でもせくしー俳優なので、アスランのイメージとはいえないかもしれません。イメージは正義感の強い、きっぱり、堂々とした声かなぁなんて。セクシーに囁くわけじゃないからな・・。



それにしても映画館の大画面で『ナルニア国物語』が見られるとは。
今から3月の公開が楽しみです!

原作は7作で完結なので、やっぱり一本ずつ作っていくのでしょうか。
『ハリーポッター』も7作で完結。
7ってきりがいい数字なのかなぁ。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

50年後も夕日は綺麗だ。

今日は『Alweys~3丁目の夕日』を見てきました。


オフィシャルサイト見たり、監督が『リターナー』の山崎監督ですごく気になっていたので行けて大満足です。
本当は『コープスブライド』も見に行く予定だったのですが、母がくっついてきたので急遽止めました。『コープスブライド』は、DVDを待つことにします。


さて、山崎監督だとCGを使った映像がいっぱいというイメージでした。だからSFじみた作品がぴったりなんだろうなぁと思っていましたが、昭和30年代を再現したこだわりのセットや、細かい資料に基づくCGで世界がきちんとできていました。
どれくらいすごいかというと、本当にその時代を生きた母が懐かしがるくらいそっくりでした。
まずは雰囲気や背景に驚かされます。



それから役者さんたちも雰囲気にぴったりでした。
もちろん衣装やメイクの所為もありますが、役者さんの持つ雰囲気が似合ってるように思いました。
小雪なんて元モデルだし、手足長いし、似合わないんじゃないの。ハイカラで。と思っていたのですが『ラストサムライ』『嗤う伊右衛門』に出ているし、顔が日本人顔なのかぴったりでした、ね。


個人的には古谷淳之介役の須賀健太君が好きなので(『人にやさしく』から見てましたよ、かわいい)大画面で泣き顔が見られたことに大満足です。
パンフレットで生年月日を見たら11歳とあってびっくりしました。
若いなぁ・・・。



それから堤真一のお父さんも面白かったです。
今『やまとなでしこ』を再放送しているのですが、あんなこじゃれたドラマよりも断然こっちのほうが好き。
一回舞台見に行きたいと思っているのですが、なかなか叶いません。
チラシはいっぱい持ってるんだけど。


割とテンポ良く、オムニバス形式で進むのもいいです。長いと時々体がいたいのを思い出したりするんだけど、そんなこと考える暇がありませんでした。
どれくらい面白かったかというといつも映画館では寝る母が、ずっと起きてて食い入るように見ているくらい面白いです。



『世界の中心で●を叫ぶ』でも寝た母が。



いびきをかくから、たち悪いんです。


もう一回くらいは見に行きたいなぁ・・・。
今日のタイトルは映画の終わりくらい、主役っぽい子役が家族で夕日を見ているシーンで『50年後だって夕日は綺麗だよ』というせりふからでした。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

ハウルがきた!

今日、『ハウルの動く城』のDVDが届きました。
早速見ていますが、やっぱりいいなぁ。



どことは言えないけど。なんとなく。



なんだろう・・・少女マンガ的なところ?
ソフィーがおばあさんになっても、素敵なハウルが好きになってくれるところがそんな感じ。
BGMもいいなぁ・・・あのワルツ?ぽい曲が好き。
それからやっぱり宮崎駿作品(ジブリ作品)なので、背景やいろんなところが細かくこだわっていて素敵。


後は時々、ソフィーの眉毛が男らしいほど太いなぁとか、やっぱり若いときのソフィーの声は若い子にしたほうがよかったんじゃないかとか(英語版ではきちんと分けてあります)、ハウルのズボンはいかがなものだろうとか、いろいろ気になります。


映画のときから、ハウルの声が木村拓哉ってどうよ、って思ってたけど(ドラマのしゃべり方が出るのかなって思ってた)ふつうに似合ってたのでそれはよかったなぁと思います。
ところで一時期から宮崎作品に声優さんが主役で使われなくなったのは、何かあるのかな~・・・。

ちょっとそれてしまうけれど宮部みゆきの『ブレイブストーリー』がアニメ映画になるようで、その声がことごとく女優さんを起用していて、本当にそれであってると思ってるの?と不安になります。
話題性も必要だろうけど、本業に任せておくのもいいんじゃないのかなと。
それともアニメ映画だけど『オタクの』アニメものとは違うのだよ、という線引きですか。そういう風に考えるとヤな感じだ。



大幅にずれたので、戻します。
ええと・・・映画で一回見てなんだか分からんな~、と思うところがあったのですが今回のでなんとなく分かりかけたような気がします。
でもソフィーの顔が時々若返ったりするのは分からない・・・。
アレは印象の問題なのかな。

や、でも面白いです、よ・・・。
それにショートフィルムとのツインボックス版を買ったので、これからもう一枚のほうを見ます。


派遣会社の仕事をパス、東京の事務も落ちた。
最初からやり直し。
それなのに明日映画を見に行こうとしている・・・。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

不覚!

今日の9時から放送していた『トリック』をビデオにとり損ねた!!
8時過ぎくらいに予約してればいいよね~、とか思ってたらチャットに夢中になって、すっかりポンだったよ・・・・。


うわァ・・・・・すごくへこむ・・・。
早く再放送されないかな・・・。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

CSI:マイアミ!

レンタルビデオを借りてきました。


今一番気になるのが『CSI:マイアミ』です。
以前もここに書いていた『CSI』シリーズの姉妹編。
前作はラスベガスが舞台だったけど、今回はマイアミです。



マイアミってどこ?



後で地図を調べようと思います。
もちろん登場人物も変わって、今回の人は女性陣がなかなか綺麗。
(あ、前のがだめっていってるわけでは無いです)
綺麗な金髪のお姉ちゃんとか、『24』に出てきた人に似た人とか。
でもやっぱり死体がどういう風にできたのか、解剖のシーンなども変わらずあるので、ちょっとグロ。


今は新作でちと高いので、安くなる今月末にがつっと借りて来たいです。
今日は宣伝のための、無料DVDを借りてきたのですが、その中で
『SCI』(これはラスベガスの)サードシーズンのCMが!!


ギャー!早くでないかなぁあ・・・ッ。
マイアミもいいけどやっぱりあの主任が大好きです!


その他では、かめんらいだーひびきが気になります。
9月に友人とお出かけしたとき、全然その手のものには興味なさそうだった彼女が熱烈に進めていたのです。


フランス文学専攻だった彼女が。


その違和感にちょっとびっくりしましたが、今日思い出してみたらよりによって1巻だけ借りられていて見られませんでした。
やっぱり勧められたら見なくては。
特撮ものが苦手なので(理由は以前書きました)、頑張ってみようと思います。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

えろ

今日は、派遣会社へ登録しにお出かけしました。


ついでにアニメイ●に行って買い物。
ビブロス発刊のえろ本(そう書いてあるもん)と『シュヴァリエ』を買ってきました。
もともとはえろ本だけ買うつもりだったのですが、へたれなので店頭で気になったのを買ったのです。
『シュヴァリエ』はルイ15世時代のフランス、処女の血で詩を書く『詩人』と『シュヴァリエ・スフィンクス』の話。小説も連載中らしいです。

この漫画の表紙にほれて買いました。
パソコンで書いているのでしょうが、綺麗なボディラインとドレスの女性が目を引きます。


ビブロスのえろ本は、本当にそういうシーンのみの本でした。
なんだか見てて、やっぱりエロに向かう過程も大事だなぁと思ったり。
そのシーンだけだとなんだか食傷気味になってきます。


でもドルフィー天藍のコンセプトは最近、

エロかわ


になりつつあります。
なんていっても、ミニスカートからアンダースカートのレースを見せるわ、ガーターをチラ見せするわの13歳です。


アニメイ●の店頭にNARUTOのポスターガシャポンが設置してあって、どんなのがあるかみたら暗部案山子が!
ぎゃー!これだけ欲しい~!



派遣会社は、交通費が出ないところでした。
大手なら交通費出るかな・・・もう一件登録しておこうかな。
悩み中。
『ハウルの動く城』DVD、20%オフでかえたのでネット予約。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

牛丼。

CA320060.jpg

Nの手作り髪飾り。蝶の形でかわいいです。正月の晴れ着を着てもつけられるの、とお願いしてできました。

今日は友人Nとともに、牛丼を食べてきました。


というか、二人ともドルフィーに着せる服の布地を見るために手芸屋に行きたくて、でもその他もろもろ用事があったので、出かけるか、ということになったのです。


まずはCDショップ。
『ハウルの動く城』DVDがもうすぐ発売なのですね。
まだ予約をしてないのですが、したほうがいいのかしら~と悩み中。
もう今からでは特典もあまりつくまい・・・。Nは予約をしてました。
個人的には先着順のフィルム入りキューブはうらやましいかな。
(ハウルの映画のフィルムを回収して、一こまずつ切って、それをキューブに入れているんですって。なんて素敵)


次に牛丼や。
ここはNお勧めで、確かに牛丼だけではなくてデザートもあって、
女の子が来ても喜びそうなメニュー作り。
そういう私も牛丼並みに、白玉と珈琲を食べ、満腹です。げふー。



最後に手芸屋。
ここで一時間くらい店内をうろつき、布地を見てはうなり、
レースを見てはかわいい~!と叫ぶ迷惑な客でした。

フェイクファーや、綿ニットを買えたのでよかったです。
これでファーケープと、下着とソックスが作れます。
後はなんちゃってパニエと、ガーターを作る分は買い込みました。
正月に向けて着物製作にかからねば。



ところでここ二三日、体調がすこぶる悪いです。
まずはおなか。
ちょっと食べては下し、の繰り返しで今日も昼食を食べた後、一時的に腹痛に悩まされました。


真夜中の寒気と関節痛。
これは今日の深夜3時ごろなんですけど、急に寒くてたまらなくなった上に、関節がぎしぎしして『うわー、これ絶対熱がでる』って時のあの感じ。そして一時間おきに目が覚める・・・。
なんなんだろ・・風邪かなぁ。




CA320061.jpg

なんとなく影の付き方が好み。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

行楽。





東京ドイツ村にお出かけしました。


広い!
思っていた以上に広く、思わず口を開けてしまったほどです。
てっきり子どもの国くらいじゃない?
と思っていたのですが、全然!

なんだか山の向こうまで芝生が広がっている、よ・・・。
それくらい土地があったんだなぁ。


コスモスの時期で、オレンジ色のコスモスやちょっとすぎた薔薇などがとても綺麗でした。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| SANS-SOUCI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。