SANS-SOUCI

人形・映画・小説。なんでもありの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

大奥

今日、本屋に行ってよしながふみの『大奥』を買いました。
気になっていたので即買いです。


あらすじをちょこっとかくと、ある病気によって国内の男性人口が女性の四分の一になった世界。
時代背景は江戸時代なので、将軍も家を継ぐのも、みんな女。

そんな世界なので大奥ももちろん、



男の園。


いいなー、きっと壮観だろうなぁ・・・。


話は貧乏旗本の息子の水野と、吉宗(女なんだけど、表向きは男性名)が中心です。

水野は好きな女の子がいるんだけど、大奥に上がっちゃった、って人で割りと普通のタイプの男性。大奥の世界になじんでないから、男だらけの大奥がすごくいびつな世界に見えるのです。


もう一人あげるとすれば、杉下という、年は行っているけど大奥では格下の男性がいます。この人は水野と対極で、大奥しか生きられない(というか、生きる場所だと決めている)人です。
いびつな世界と分かっていても抜け出せないし、出ようともしない、外に行ったらここよりももっとひどいのを知っている、というタイプです。


いやァ、水野と杉下はどっちもかっこいいですよ!
水野は粋でいなせなタイプだし、杉下は年上だけどすごく気が利くタイプ。うーん、杉下好きかも。
この続きが気になるのですが、今出ている本誌に載っているそうで。


それだけのために本誌を買うのか・・・ややや、ドラマCD応募券が付いてるから買ったほうがいいような。あう~。
出版社に踊らされているな・・・。



それから新書館の『うんぽこ』という雑誌を買おうとしたら置いてなかったので、明日に持越しです。
店員さんに尋ねるのになんだか恥ずかしい名前なんですよ


『うんぽこ』。


またふかよみしすぎですか、そうですか。



今日、いったん派遣の仕事が終わりました。
あと一週間延長なんですが、あとはまた無職です。
スポンサーサイト
別窓 | 漫画 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

徒然

今日は、古本屋に行って『NARUTO』の2~5巻まで買ってきました。
1巻は置いてなかった(つか、誰か立ち読みしてたんじゃないか・・・?)ので、本屋さんで定価で買いました。
その時点で少し間違っている気がしなくも無いです。


もともと『NARUTO』は、同じサークルの子がすごくはまってて、でも私は知らなくて『ふーン』としか思っていませんでした。


でも先日高河ゆ●の同人誌を見つけて見て『ほほ~』と思い、リンク集を見つけて今ハマッてます。
でも某組み合わせしかはまっていない、よこしまなはまり方です。
なので今日ようやく原作を見ました。


思っていたよりも骨っぽい絵柄で、なおかつ少年漫画らしいキャラクターがいっぱいです。
絵柄はだいじょぶ。
集中線がおおいのも、だいじょぶ。
血濡れのシーンが多いのも・・だいじょぶ。・・・・うーん?



最近の私の傾向ですが、原作をそのまま普通に読んでしまいます。
以前ならきっと、同人ネタにしただろうに最近はそんなことが起こりません。
なのできっと『NARUTO』も原作は普通に面白いな~と思いつつ、同人誌は同人誌で好き、というタイプに落ち着くと思います。


今のところ、次読まないと落ち着かない!というほどではありませんが古本屋にいったら買おうかな、という感じです。



あとは、今探し中なんですけども。
香水をペンダントヘッドに入れて、もしくはしみこませて、香らせるネックレスがあるみたいなんですがなかなか見つかりません。


アロマペンダントというのだったら割と種類があるんですが、これはただの筒みたいなのに、香水ボトルを仕込むタイプ。
せっかくのアクセサリーなのに、ピルケースみたいなのはいやだ・・・。


なのであくまで装飾品っぽい(笑)アロマペンダント、捜索中です!



求む、情報!!
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

なんだかなぁ。

今日、ドーナツを買いに行ってきました。
その他に用事があったので、ついでにドーナツを買ったといったほうが正しいですが。



そうしたら私の後ろに親子連れがきまして。
どう見ても高校生くらいの夫婦(だんななんか、私よりちっちゃいし!童顔だし!)と、4歳くらいの男の子と、2歳くらいの女の子。


ええ~?と思いつつ、自分が食べたいドーナツをトレイに載せていたら、お母さんが、男の子に



「早くしろよ!」


って言ってるわけですね。
それも促すような声で、とかじゃなくて、つっけんどんな声で。
男の子は一人自分のトレイを手にして、食べたいのを選んでるようでした。
もう一個食べたい、でもどれにしよう、と迷っている少年に、お母さんはそんな声をかけたのです。


「残さなかったら、二つとってもいいよ。
残されんのが超むかつくんだけど!」


いらいらしてるのは分かるんだけど・・・女子高生同士が話してるんじゃないんですよ。
なんか言い方に棘があるなぁって横で気になっていました。


で、レジで会計していると結局男の子は一個だけトレイに載せて一緒に会計しました。
その家族はそこで食べていく様子だったのですが、会計が終わってポイントカードもらうじゃないですか。



そのお母さん、なんていったと思います?


「あ~、ドーナツもう一個買ったら(ポイントカード)もう一枚もらえたな~」


ですって。




あんたが早くしろって言ったから、



息子はあきらめてドーナツ一個だけに




したんでしょうが・・・ッ!




すッごく無神経!
隣にいてむかむかしました。


あのドーナツ屋に来る家族連れってインパクトあるんですよね。
腕から肩まで刺青したお母さんが子供連れてたりとかさ・・・。



それにしても、今まで出一番のむかつき・・・。
子供がいるんだから、女子高生みたいな言葉遣いは辞めたほうがいいですよ。
子供ってお母さんの言葉で覚えるものだからさ。


そういう私も言葉遣いは悪いですけどもね!
でも子供いないんだよ!
いたなら自覚して直せよ!
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

しめさばっ!

昨日の夕飯にしめさばが出ました。
一切れ食べて、
「うわこれしょっぱいよー!」
といって、食べずにおきました。


そうしたら二時間ほどして発疹が。
てっきり、畳を変えるためにもつを移動したりしているのでダニだと思ったのですが、それにしては発疹が変です。



徐々に膨れて大きくなり、近くにできているほかの発疹と結合して大きくなっているのです。
ありえない!
太ももなどはびっしりと発疹で覆われていまい、さすがに気味が悪くなりましたが、気が付いたのが夜8時なので医者に駆け込むわけにも行かずじっと我慢で眠りました。



運よく今日は休みだったので、早速皮膚科へ。
一時間待ちの後、診察してもらうと



「蕁麻疹ですね。なにたべました?」
「しめさばと~・・・ピーマンのいためたのと~・・・」
「しめさばですかね」



「一切れしか食べて無いんです!」



一切れで体中(今は顔にも)発疹ができるほど反応してしまうとは思いませんでした。
医者は飲み薬と塗り薬を処方してくれましたが、どうしても塗り薬は足りるようには思えません。



それに今までさばを食べても全然何もでなかったんですよ・・・なんで昨日から反応するようになったんでしょう。しめたのがまずかったのかな?
もう次からは食べませんしめさば。



今も発疹で手足が気味悪いくらいです。



他には、ドルフィードリームのゴム引きをしました。
自立できるようになったかな・・・ポージングに時間がかかるけど。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ニューづら。

お友達の日月ちゃんちに届いた新しいづらを引き取りに行きました。



はじめて車で行ってみたのですが、地図を見ているはずなのに


迷いました。


海岸線を走っていたはずがいつの間にか住宅街の中、市街地を走っていました。
おかしいなーと思いつつ、なかなか止まれそうなコンビニが見つからず、ずーッとはしり続けていましたが、ついに決心してUターンをして交番に駆け込みました。
どうやら間違って曲がってしまったようです。
それがどこかは分かりません。


そして警官のおっちゃんが教えてくれたキーワードを頼りに走っていったらなんとなく、着きました。
30分遅れで日月ちゃんと会えました。一安心です。



そして早速天藍人形をお披露目、と新しいづらをつけてみました。
欲しかった髪型は品切れしていたので、超ロングを買って、きることになっていたのですが、意外と超ロングの髪型もいけました。



でも設定上、肩の下くらい、と決まっているのでそれより若干長いくらいでジョキジョキジョキ。
切ってみると、ストレートロングの髪型もお嬢さんっぽくて素敵(超おやばか)。
今までのショートも似合っていたけど、今はこっちがお気に入りです。
日月ちゃん、買ってくれてありがと~。



それで、日月ちゃんとこのお人形と撮影。
ぎこちない様子に爆笑でした。
もうちょっといいおべべを着せてあげてたら、天藍の表情も違ったのではないかしら。

そしてドール雑誌を読み漁り、お人形中心に遊んできました。
楽しかったです。



そのあといろいろ反省点が!
爪を塗ることと、服と靴・・・後、ゴム引きをして自立できるようにしておかないと後々大変。
ここに書いてないと忘れちゃうので。

CA320022.jpg

日月ちゃんとこの翠子さんと一緒。

CA320019.jpg

初めてのお外でした。
別窓 | DOLL | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

『チャーリーとチョコレート工場』

初日なのに友人と見に行ってきました!
『チャーリーとチョコレート工場』。
初日に映画を見たのなんで『真夜中の弥次さん喜多さん』以来です。



朝一で、字幕版だった所為か、私たちの見た映画館はすごく空いていました。


3割強の入り。


もうちょっと入ってて欲しかったなぁ・・・それとも吹き替え版のほうはいっぱいだったのかな?意外でした。
(吹き替えは誰がジョニーデップをやったんだろう!)


ここからはネタバレ?アリなので、見てない方は要注意!


原作もあるし、雑誌などで取り上げられているからあらすじは飛ばすとして。
意外だったのは


チャーリー坊やはゴールデンチケットを一回で


当てたわけではないということ。



雑誌とか予告では一発で当たったように見えたし、そう思っていたんですが、実は3回目?
しかも3回目は

拾ったお金で

チョコを買って当てた。・・・・落し物は交番へ。



キッチュな世界。
工場の中の施設にはお菓子がいっぱいで、特にチョコレートの川や、
キャンディーの小枝。芝生すら食べられるという、夢の世界ですな。
アメリカのお菓子らしくハイカラな、原色使いのお菓子が多かった気がします。
その中でシルクハットにコート、ステッキといういでたちのジョニーデップはその世界に似合っていたと思います。



ブラックな世界。
ジョニーデップがとめるのを聞かないで、自分勝手なことをすると
チョコレートの川に落ちたり、ブルーベリーになったり、ダストシュートに落ちたり、小さく収縮してしまったり。
時々『おいおい、生きてられるのか?』みたいなきつい感じがあって、
これは童話チックだけど、子どもの童話ではないんだなぁという感じ。
あくが強いって言うんですかね。
大人なら笑って受け止められるよなぁ、というぎりぎりラインの世界。



そして子供たちがひどい目にあうたびに出てきて踊るウンパルンパ。
無表情でチョコチョコ踊るので、気味が悪いやら面白いやら。
友人はひどく、このウンパルンパが気に入って、DVDがでてウンパルンパのダンスフルバージョンが入ってたら買うといっています。
どうですかワーナー社さん。




あと、チャーリーの子役が『トゥーブラザーズ』『ネバーランド』に出ていたと知ってびっくり。
まだ両方とも見ていないのですが、ポスターやレンタルビデオ屋のパッケージで知っているわけで。
人んちの子の育つのは早いわねぇ。と妙に関心。


他にはブルーベリーになってしまった女の子のお母さん役の女優さん。
どこかで見たことがあるなぁと思っていたら、『ギャラクシークエスト』や『ドッジボール』にでていました!
こっちは両方とも見ていて、前者は宇宙人、後者はものすごいロシア人の役なので今回は割りと普通のお母さん役かなあって。
でも張り付いたような笑顔と顎が強烈。


今回の映画は・・うーんと、ジョニーデップは強烈な印象はなかったような気がします。世界になじんでいた所為かなぁ。
それとも『パイレーツオブカリビアン』を見てから行ったせいですか・・・お話の中の一人の人物としてはまっていたのは確実。
家で見るにはいい映画です、映画館にまた行ってっていうのはないかもしれない。



それにしてもチョコレートやキャンディーがめちゃくちゃおいしそう!
アレ本物を使ってるってほんとかなー・・すごー。



友人がジョニーデップの話で盛り上がったときにすごいのを教えてくれました。
『夜が明けるまで』?とかそんな感じのタイトルの映画で、ゲイの話しが主らしいのですが、その中でジョニーデップが女装したり、二役で出ていたりするようです。
帰りの車中で聞いて大うけでした。
ミニシアター系なんでDVDがあるかどうか、ですけど。
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

むかっ腹。

今日は、愚痴って言うか、むかついたことを書いていくので、
読むときにはお気をつけください。
吐き出し口がないのよね。



今日は母の付き添いで医者に行きました。
市で行った乳がん検診に引っかかったため、検査結果をいったん
市の指定病院に提出し、検査を受けねばならないのです。



うちの母は怖がりなので、結果が乳がんだったときのことを心配して休日の私を引き連れていきました。

朝9時に病院に着きましたが、待てども待てども呼ばれません。



2時間も経って、ようやく呼ばれました。


そして診察は5分。

しかも検査等は一切なく、簡単な説明のみで終わったそうです。


何のために2時間待ち!?
2時間もあれば、レントゲンを撮って、採血して・・・・などなど、
本検査とはいえないまでも、予備検査くらいは終えることができるはずです!
そしてその検査結果を踏まえた上で説明をするのが筋!
それが普通の病院の手続きってもんでしょうが!


しかも説明をしているときに、母は市の検査内容を医者に話していたようですが、適当に聞き流されていたようです。




何様か、貴様!!目を食いしばれ!



そりゃ生意気に、手術の手順をこうしてああして、と注文をつける人がいたら聞き流すのも分かりますよ、自分のしたいようにやりたいだろうし。
でも検査内容を言っていただけですよ!
もし知っていたとしてもちゃんと聞くのが医者としての仕事だろうがよ!



2時間待っていた間にじれて受付に言ったようですが、受付嬢に
『まだ予約した方も待ってらっしゃるんです~』(意訳:予約無しできたら遅いに決まってるだろ、黙って座ってろばか)。


予約した人を消化しておくのは、

当たり前じゃないんですか。




そのくせ800円も診察料取られた上に、予約を入れれば2週間後。
大名商売だよな、大学病院ってのは。個人病院じゃありえない。


本当に腹がたって、私は母に転院を勧めました。
そんな医者じゃあ、結果が分かるまでに1ヶ月は通わないといけません。
がんって生き物なので、ほっといたら進行は早まります。
悠長に結果を待っていたらがん予備軍でも本物のがんになる事だってあるはずです。





ああ、もう言いふらしても足りない。
公共の電波でこういうこと書くのはいけないことなんだけど、
すごくすごく!いやだった!




帝京大学付属市原病院
め。
別窓 | 日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

『容疑者 室井慎次』

今日は、早めに仕事が終わったので(つか、担当者の人が用意してくれた仕事は午前中に終わってしまいました。なおかつ用意してもらうはずの次の仕事はマニュアルができてなかったので、早めに切り上げた次第)毎月1日は映画の日ってことで、安く『容疑者 室井慎次』を見てきました。


いやぁあ、いつもの踊るとは雰囲気が違いましたね。
なんていうかBGMも、スローのしっとりした曲だし、むしろいつもの室井さんの曲は浮く感じ。
事件も地味だったしね(『事件に大きいも小さいもない』BYすみれ)。



次からはネタバレなので、これから見る人はご注意!



蓋を開けてみれば、事件自体は単なる痴話げんか。
くすり中毒の女が二人の男をはかりにかけて、片方を殺すように関係ない男に依頼し、もう片方は殺されたのを知ってて知らん振りしたんですね。
で、この知らん振りした男って言うのが警官だったわけで、薬中毒の女にめろめろで(ばーかめー)押収した麻薬を横流ししたり、駐禁をもみ消したりとしていた様子。

そうしながらも責任は自分がかぶっていて、もうお前マゾの域だぞそれと突っ込む私。そうしているうちに殺人犯になってしまった警官の男(殺された男の服を握ったりして、指紋がついていたらしい)。
こいつが追跡され逃げるとき、車に轢かれて即死してしまい、室井さんがこの事件の担当で追跡に問題があったんじゃないかとか、そこから派生していくお話しなんですね!



細かいところは抜きにして、気になったところはまるで舞台装置のようなセット。
ええと、灰原弁護士事務所の一室が広いのに机が真ん中にあって、椅子が二脚用意されてるだけで、しかも弁護士たちは部屋の壁の方々点在して座ってるんです。
八嶋さんが舞台俳優さんだからか、そんなイメージを受けました。
他にも新宿北署の会議室とかね。



レトロな新宿北署。
新宿って言うと確かにちょっと小汚いイメージもありますが、なんとなく新宿新都心みたいな近未来的なイメージも。
そんな中で、新宿北署の会議室は二階建てになっていて、一階は木の床とタイル地。二階はコロニアル風な支柱がぐるりと囲むロフトみたいになっています。
自動販売機も湾岸署みたいなサントリ●じゃなくて、ワケの分からない飲み物が入ってる・・・違う、昔のファンタビンみたいなのが入ってる自動販売機なの。



室井さんの過去。
これまでいろんな憶測は飛んでましたよね。
私も妄想、及び捏造した過去があるんですけど、いやァ・・・小説みたいでした。
大学時代に付き合っていた彼女が不治の病に倒れ、いったんは大学を辞めてまで世話しようと思った矢先に彼女は、自殺してしまったという・・・それを『殺した』なんて、告発文で広められちゃうんです。
こんな過去って純文学みたい。


予告編でやってた『春の雪』なんて、屁でもないよね。
つうか、竹●結子と妻夫●のラブシーンなんてちょっと引いたなぁ。
『ランチの女王』かよ、なんて突っ込んじゃうし。
濡れ場を予告で見せられても困るし、むかつくし(笑)。
見たくなかったなー、あの予告。



ええと、話がそれました。
あとは3アミーゴズ!
室井さんの面会に来たとき、思わず笑っちゃいました。
署長口開きすぎです!
相変わらずのテンポに、ちょっとなごみ。
そして内容にびっくり。




真下正義、柏木雪乃、結婚!



血痕、じゃないよな。
やっぱり『交渉人真下正義』で、二人がデートする予定とか言ってたしそうなんだ~。
ストーカーじみた真下の片思いも終わりかー。
おめでとう~。




そして課長が言った、



『和久さんも心配しています』


に泣きました。
和久さあああん・・・。


そういわれても室井さんは間髪入れずに、


『青島はなんと言っていますか』



スルーですか、室井さん。
和久さんは心配しているんですよ。
和久さんより青島の気持ちが心配ですか。



だからホモホモしいんだってば。
新宿北署の警官にも青島のことを話してるしさ。



ええと、それより先に行くとや●い話になるので、軌道修正して。
前回いやな人だった女性管理官は室井さんの味方?見たいな。
査問委員会でかばってもらったんだって。




あーとはー、殺された男のほうね。
よくみたら2003年度版の『ウォーターボーイズ』に出ていた安田こと田中圭くんでした。びっくり。
もうちょっと生きてる役のほうがうれしかったけどね。





マァ、こんな感じで。
パンフレットは買い損ねました、売り切れてて。
どのみちあともう2回くらい、映画館に行く予定であるのでそのときにかってこようと思います。



今回のは、まぁまぁ楽しめたかな、ってところです。でもこれ踊るを見ている人じゃないと楽しくないかも~。


もうレジェンドムービーはできないのかな?
あらかた主要人物は作っちゃったもんね。
それこそユースケサンタマリアがいっていた『ミスター・ミセス真下』になるかも。
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:2 | ∧top | under∨
| SANS-SOUCI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。