SANS-SOUCI

人形・映画・小説。なんでもありの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

琥珀の目

「魔法使いが来た」
「・・・・・は?」

エディがまじめな顔をして言うのを、トーマスは鼻で笑い飛ばした。
「ばかだなぁ、お前。いま、なんだって?魔法使い?」
「だって、本当に見たんだ」
「今、どういう時代か知っているのか?蒸気機関車が走って金を掘る時代だぞ?魔法使いなんているわけないじゃないか」
「でもここに来た。学校に」
エディが言い募ると、トーマスは口をぴたりとつぐんだ。体を低めて、エディを覗き込む。
「本当か?」
「うん。僕、学校に遅れてきたろう?」
「ああ、また寝坊したんだな、お前ったら!」
「違うよ。手伝いをしてたんだ。・・・・それで学校の前の坂を上ってたら黒いフードを着た人が前を歩いてて」
「それだけで魔法使いだと思ったのか?」
「ちがうったら。最後まで聞いてよ。その人は大きな荷物を持ってた、旅行かばんくらいのね。それを落っことしてぶちまけた」
「なかは何だった?」
トーマスは興味津々な様子で、先をせかした。エディは唇を湿らせて早口で話し始めた。休み時間ももうすぐ終わるころだった。
「たくさんのビンだよ、ほら薬品を入れるようなふたつきのガラスビン。中身はいろんな色の液体だった。僕のところにも転がってきたから拾って届けたんだ。『落としましたよ』って。その人はしゃがんで拾ってたから僕もしゃがんだ、フードをかぶった中が見えたんだ」
「それで!」
声が高くなったトーマスを、エディは手で制した。
「シー・・・。若い女の人だった。こんな山奥の学校に女の人が来るの変だろ?『どなたですか?』って聞いた。その人は『魔法使いだ』って」
「それだけ?」
こくこく頷くエディに、トーマスはあきれた顔をした。お前って単純だな、という顔だ。と、同時にチャイムがなった。
がたがたといすを鳴らして生徒たちが席に着く。エディとトーマスもついた。担任のタイラー先生が入ってくる。その後から、黒髪を揺らして女性が入ってきた。エディが小さく息を呑んだ。後ろのトーマスにすばやく囁く。
「あのひと、だっ」
大きな琥珀の目が教室を見回し、エディで止まる。がちっと音がするように視線が絡まった。く、と相手の口が上がる。
「初めまして。マリナ・ランスです」
スポンサーサイト
別窓 | 自作小説 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

『嫌われ松子の一生』

『嫌われ松子の一生』という本を読みました。
本屋で『映画化決定』の帯がある文庫を見つけ、なおかつタイトルにひかれたのですが、文庫は上下巻あるのでそんなに買えないなぁと思い、図書館に行って見つけたので借りてきました。
午前中で読み終えたのですが、ラストは泣いちゃいました。

どこが悲しいか、って言ったら男の人を好きになっても幸せになれず、最後は若い人に暴行されて死んでいっちゃうのですよ。
さびしすぎる。
好きになった人は自殺したり、捨てられたり、殺人や麻薬まで絡んできちゃって。
人間って言うのは簡単に転落できるものなんだなぁと思ったり、自分がこうなったらどうするんだろうとおびえたりしてました。

話の流れは現在と過去が交互に切り替わるもので、現代のシーンでは語り手が主人公の甥(主人公に会ったことはなくどういう人か興味を持って調べていく)でした。過去は主人公本人の視線で話が進みます。

映画化が楽しみですが、映像にされるとさらにその悲惨な感じがむき出しにされそうで怖いです。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

久々に。

久々に服を買ったら、どんなのが自分に似合うかわからず人任せにしてしまいました。
出かけるし(笑)、春ものが欲しいなあと思っていったのです。
ピンクが似合うといわれたことがあって(ほんとかよ)、春だしピンク系がいいなあと思ったのですが、試着してみるとどうも似合って見えない。
もしかして、ピンクが似合わないだけかもしれない・・・。
かわいいー!と思ったのが似合って見えない寂しさってありますよ、ね。
ひとつはアイボリーのロングTシャツにピンクがかったレースのチュニックのアンサンブル。着てみたけどアイボリーが変な感じ・・・?
もうひとつはピンクだけのシャツ。せめてもの救いはまっぴんくじゃなかったところかな。
結局このピンクだけのシャツを買うことに。だって安かったんだもん。
そして春ものを着て思ったことは、デコルテが汚い・・・。胸元が空いてるのを着たのは久々だから余計に目立つ。
もうちょっと何とかせねば、くすみ取りとかさ。


それから以前書いた横浜のガイドブック。
結局見つからなかったので、買いなおしました。ああ買ったさ。
これだけで相当大変。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

むずかしい~。

なりきりチャットというのをやっていて、以前自分の動かしていたキャラクターがフリーになってしまったのですね。
別のチャットで動かそうとするのですが、なかなか条件が合わず苦戦してます。もういっそ自分で作るか・・・無理無理無理・・・。
いろんなサーチを使って探しているところです。


探しているといえば、横浜のガイドブック。
どこにしまったものやら消えてしまいました。古雑誌をまとめたときに一緒になってしまったのかなぁ・・・。そうだと切ないなぁ。新しく買いなおした後に出てきたりするので、もうちょっと探すことにします。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

質より量?

土曜日に売りに出した同人誌が査定され、お金が支払われました。思っていたよりも多くてうはうは(古)。
さすがにあれだけあれば、それくらいなるのかなぁと思い直したり。
これで来月に行く旅行の分は余計に出るなぁ・・・ホテルにも泊まれそうだと一人で喜んでました。やっぱり一泊位してゆっくり見学したいよね・・・。
明日はブックオフに古本を売りに行きます。もうちょっと足しにしたいし、『Xファイル』のDVDつきファイルが発売になったからそれも買いたいし。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

怒る。

今日は一日イラつき通しでした。
母親と一日一緒に居たからかも、ですが。
マイペースな人なので、その分機微に疎いというか・・・それは私にも言えることなのですけども。

まず、朝のうちに二回ほど私が爆発を起こしました。
ATMが使えなかったり、すぐあせっちゃうのを見て、まずいらいら。次に通れるかぎりぎりの幅で車のすれ違いを強要され、いらいら。
昼を過ぎると、ハローワークに行くから乗せてけーの、なんのかんのといってきていらいら。私だって休職中の身なのでハローワークで調べたかったのに、買い物してから行ったらもう自分は帰るからと言って、私は15分ほどしかいられませんでした。
挙句の果てには、何でそんなに怒るんだとかいい始めたので、あんたの所為だよとはいえず、脱力しながらここで愚痴っているしだいです。

しかし、新しい職を何にしたいのか聞かれて困っている私も、どうかと思う。
今の資格から考えても事務くらいしかできなそう・・・・『13歳のハローワーク』でも買って考え直そうかなぁ・・・。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

びっくり。

びっくりしたこと三回。

一回目。
まつげが、目に刺さった!
こういうのをさかさまつげというのは知っていましたが、元のまつげが短くて少ないので、まさか刺さるとは思わず鏡を見てびっくり。
思うに最近塗っているまつげの美容液がいいのかと。
コシのあるまつげは、直しても抜けなかった。

二回目。
レンタルしてきたDVDを見ようとしたら、中身とケースが入れ違っていた。
海外ドラマのシリーズものなので、順番に見ないと話がわからないし、まさか先の回を見るわけにも行かず。
連絡して、事なきを得た。
レシートや、ケースの印字もちゃんと『1』を選んだはずなのに、中身が『8』、ラストだっつうの・・・・相当混乱した。
悪戯か、それとも前に借りた人が間違えたのか・・・今度からは借りるときに中身のラベルも見ることにしよう。

三回目。
家の中の本の多さ。
私一人の、だけど。
まず同人誌だけで、段ボール箱(みかん箱)5箱。
そして要らない雑誌が高さ30センチ以上。
それから後で古本屋にもって行くのが40冊くらい?
よくこんなに溜め込んだなぁ・・・・。
それにしても、古本屋で買った本って始末はどうしたらいいんだろう?また売りにもいけないし(値札が貼り付けてあるから)、資源ごみで出すしかないのかな?
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

DVD三昧

今日は、DVDをレンタルしてきたのと、友人のKちゃんから(笑)送られてきました。

まず借りてきたのはショーン・ビーン目当てで『トムアンドトーマス』を。
日本未公開ということですが、なかなか面白かったです。多少、都合がいいかなぁと思うところもありますけど。双子はシンクロするところがあると聞いたことがあって、同じところが痛くなるシーンなどでそれを思い出しました。こんな感じなのかなぁって。ショーン・ビーンはお父さん役。初めてお父さん役の作品を見ました。やさしくてかっこいい・・・うらやましい。
ほかにも出演作品を見つけたので後日見ようかと思います。

後は『フェアリー・テイル』ですね。これは以前友人が見てきたときに私も好きそうな作品だよと教えてくれたのですが、単館で上映されてて、見にいけなかったのです。
実際にあった、妖精を写真に取った女の子たちの話しですね。終わりは、史実に基づいたのではなく、ファンタジックに仕上げてありました。事件については知っていたのですが、終わり方はこれでいいんじゃないかなぁ・・・史実はさびしい結末なので、こっちの終わり方が好きです。

後は友人Kちゃんに借りたもの・・・・これは今から見ます。三月に公開の『ローレライ』の原作本と一緒に送ってきてくれました。はまったらどうしようと今から少しだけおびえつつ(一回はまるとしつこいから!)見ることにしましょう。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

浮かれ

来月の初めに横浜に遊びに行くので今から浮かれて、ガイドブックを買って行きたい店をピックアップして、ついでに洋服も買っちゃおうかななんて、もくろんでいます。
最初は一泊二日にしようかなぁとも思ったのですが、ホテル代どころか、春服のお金も危うい感じなのであきらめ・・・。
横浜という土地だからか、ホテルが異常に高いですけども。
それから一人分で探すと、ビジネスか、受験生用になってしまい、何だよ女で一人旅は受け付けないのかと荒れた心持です。
中華街の肉まん一覧でも見て気分を落ち着けることにします。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

初。

本日から初のブログです。
タイトルは『のん気もの、気楽』という意味のフランス語からとりました。
本当にそのとおりの生活です。のんべんだらりとした、緊張感のない生活です。
気取ったフランス語より、コマーシャルで見る骨のペットフードをかじる犬の名前のほうがお似合いなのですが。


その他に今日は初めて、卵が9個おじゃんになるのを見ました。
冷蔵庫の天辺に置いていた卵パックが落ち、一気にぐしゃっと。
ぐしゃっていうよりは、パーン!という破裂に近い感じでした。
3個は奇跡の生還を果たしたのですが、それ以外はあえなくゴミ箱行きでした。買ったばかりだったので、プルプルした白身と黄身を拭きながら、ショックを受けてました。
もったいない・・・っ。




別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| SANS-SOUCI |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。